« 日本の法律に基づく通信教育 | トップページ | 【行政書士】資格試験合格の道しるべ[PR]行政書士の通信教育行政書士の通信教育 »

カリキュラム(Curriculum)とはしばしば教育課程と同義に扱われることもあるが、元々はラテン語の「走る」(currere)から由来した言葉で「走るコース、走路、ランニングコース」のことをいい、第二自宅学習次世界大戦後、アメリカから入ってきた概念である。

一定の教育の目的に合わせて、考え出された教育内容とその決まった修業年限の間での教育と学習を総合的に計画したものをいう。

一般に学生、生徒には小学校から大学に至るまでの各学年での時間割として知られるものもカリキュラムの一部である。これは狭義のもので、教育課程とほぼ同じである。

|

« 日本の法律に基づく通信教育 | トップページ | 【行政書士】資格試験合格の道しるべ[PR]行政書士の通信教育行政書士の通信教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402339/26643892

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 日本の法律に基づく通信教育 | トップページ | 【行政書士】資格試験合格の道しるべ[PR]行政書士の通信教育行政書士の通信教育 »